エンタメ

「みやぎふるさとCM大賞」最優秀賞に東松島市の「風わたる青の国へ」

  • 再生回数:5

khb東日本放送主催の「みやぎふるさとCM大賞」の発表審査会(審査委員長・残間里江子氏)が行われ、東松島市の「風わたる青の国へ」が、最優秀賞のkhb大賞に輝いた。CM大賞は今年で20回目を迎え、宮城県内から29市町村が参加。県民に広く地元の素晴らしさを感じてもらおうと、趣向を凝らしてふるさとの魅力を30秒のCMに表現した。 【写真】khb大賞を受賞し、トロフィーを手にする東松島市の伊藤健人さんと及川こころさん 東松島の空と海の青さを伝える大賞の「風わたる青の国へ」は、khbで22年に120回放送予定。また、金賞(50回放送)は七ケ浜町の「ちゃっこくたって」が受賞。「多賀城市のタカラモノ。」が銀賞(40回放送)、女川町の「大賞狙ってつかんだものは…」が銅賞(30回放送)を受賞した。ほかにも7つの市町村が各賞(20回放送)を受賞した。なお、審査会の模様は、来年1月3日の午後4時から放送予定。